【徹底解説】近年話題のタレントマネジメントシステムとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「タレントマネジメント」という概念は、新しいものではなく古くから欧米を中心に普及してきました。この「タレントマネジメント」を実現するために様々な機能を提供しサポートするツールが「タレントマネジメントシステム」です。
近年日本でも多くの企業から注目を集めていますが旧来の人事システムと概念が大きく異なるため、理解に困る方も多くいます。

この記事では初心者でも理解できるようタレントマネジメントシステムについて分かりやすく解説します。タレントマネジメントに取組みたい企業の方やタレントマネジメントシステムの導入を検討している方は、この記事を読んでまずは基礎知識を増やして下さい。

1.タレントマネジメントシステムとは

1.1.タレントマネジメントシステムの概要

タレントマネジメントシステムを理解するにはまず「タレントマネジメント」について理解する必要があります。タレントマネジメントとは、欧米では主流の人材戦略手法で世界最大の人材マネジメント協会SHRMでは以下のように定義されている概念です。

人材の採用、選抜、適材適所、リーダーの育成・開発、評価、報酬、後継者養成等の人材マネジメントのプロセス改善を通して、職場の生産性を改善し、必要なスキルを持つ人材の意欲を増進させ、現在と将来のビジネスニーズの違いを見極め、優秀人材の維持、能力開発を統合的、戦略的に進める取り組みやシステムデザインを導入すること。

少々難しい文章ですが、簡単にいうと人材(人財)の育成、発掘、適材適所への配置を戦略的に行うことにより会社全体の競争力を強化しようというものです。
「企業は人なり」「社員=人財」というように企業を作っているのは社員なのです。

この人材の育成、発掘、適材適所への配置を行うには多くの情報の管理と信頼できる(属人化しない)評価・分析の仕組みが必要です。タレントマネジメントシステムとは、これらを行うために必要な機能を提供し、タレントマネジメントをサポートするシステムです。主に以下の機能を持っています。

  • 社員情報管理機能
  • 組織管理機能
  • 目標管理機能
  • 業務経歴管理機能
  • 人事評価機能
  • スキル管理機能
  • 診断機能
  • アンケート機能
  • 分析機能

機能の詳細については後ほど詳しく解説します。

1.2.タレントマネジメントシステム導入の3つのメリット

ここではタレントマネジメントシステム導入の効果について解説します。この章を読むことでタレントマネジメントシステムを活用することでどのようなメリットを得られるのか理解できます。

メリット1:様々な情報を一元管理できる

タレントマネジメントを行うには多くの情報を管理する必要があります。
例えば、会社をあげての新プロジェクトが始まることになりメンバーの選抜が必要だとします。プロジェクトに最適なメンバーを選抜するには、社内から過去の業務経歴やスキル、人事評価をもとに選抜する必要があります。小さい会社であればシステムがなくても選抜できますが社員が100人以上いるような規模の企業になってくるとアナログでは限界があります。
タレントマネジメントシステムを活用することで様々な情報を一元管理し、様々な検索条件で簡単に情報を抽出することができるようになります。

メリット2:様々なデータを分かりやすく視覚化することができる。

タレントマネジメントシステムには、人材の状況を簡単に視覚化できるよう分析機能を備えたものがほとんどです。散布図やグラフ、デモグラフィーチャートなど様々な表で表示してくれます。
例えば、社員の適正検査を行いその結果を登録することで、部署別に勤労意欲を比較するといったことも可能になります。これがExcelなどのアナログ管理だと集計作業やグラフ化などの作業に多くの手間多く、社員数が多い会社ではとてもできません。
タレントマネジメントシステムを活用することにより、様々なデータを瞬時に集計し分かりやすく視覚化することができるのです。

メリット3:人材に関する様々な判断スピードのアップ

様々な人材情報が一元管理され、分かりやすく視覚化されることにより、人材に関する様々な判断スピードを上げることができます。

例えば、アメリカに海外法人を作る際に「英語が話せる」かつ「事業立上げ経験がある」人材が必要な時にタレントマネジメントシステムがあれば瞬時にそのような人材を検索することができます。これはほんの一例ですが企業が大きくなるほど人材に関して判断をしなければならない場面が日々発生します。タレントマネジメントシステムを活用することにより、素早い判断につなげることができるのです。

1.3.タレントマネジメントシステムと人事システムの違い

タレントマネジメントシステムは日本ではまだ新しいシステムのため、多くの方が人事システムとの違いで混乱されますが、タレントマネジメントシステムと人事システムは明確に異なるシステムです。下記表にまとめましたのでご参照下さい。

 

タレントマネジメントシステム

人事システム

目的

人材(人財)の育成、発掘、適材適所への配置を戦略的に行うことにより会社全体のレベルアップを図る「タレントマネジメント」を実行するためのシステム

人事情報や給与情報、組織情報などの情報管理を円滑に行うためのシステム

利用部門

経営層、マネージャー、各社員

人事部門

機能

・社員情報管理機能

・組織管理機能

・目標管理機能

・業務経歴管理機能

・人事評価機能

・スキル管理機能

・診断機能

・アンケート機能

・分析機能

・社員情報管理機能

・人事処理機能(入社・異動・退職など)

・人事処理履歴機能

・人事評価機能(評価結果の履歴)

・組織管理機能

・組織改変履歴機能

・給与計算機能

・人事申請、ワークフロー機能

・勤怠管理機能

このようにタレントマネジメントシステムと人事システムは目的、利用部門、機能が大きく異なります。グローバル化が進む現代では多くの企業が欧米型人事管理手法である「タレントマネジメント」にシフトし始めています。

2.タレントマネジメントシステムの主な機能

2.1.社員情報管理機能

社員の名前や生年月日、住所などの基本情報を管理する機能です。以下などの様々な情報を管理することができます。管理できる情報は人事システムとほとんど同じです。

  • 基本情報:名前、生年月日、住所、連絡先、血液型
  • 学歴情報:最終学歴や留学履歴など
  • 職歴情報:以前勤めていた企業情報など
  • 家族情報:扶養家族の情報など
  • 年金、保険関連情報:健康保険証番号、基礎年金番号、雇用保険番号など

2.2.組織管理機能

部署および組織図の登録・管理を行う機能です。一般的な人事システムと同じように未来日付での登録や過去情報を履歴管理することもできます。

2.3.目標管理機能

社員の目標および結果を管理する機能です。主に以下の機能を持っています。

  • 目標登録:社員別に目標を登録する機能。よくある目標設定シートと同等以上の情報が登録できます。
  • 評価登録:目標に対しての結果と上長による評価を登録する機能
  • ワークフロー機能:タレントマネジメントシステム上で目標の登録依頼や進捗管理ができる機能です。
    この機能によりExcelとメールでの煩雑な運用をせずに各社員の目標を管理することができます。
  • 集計機能:全社単位や部門単位で評価結果を集計する機能

2.4.業務経歴管理機能

社員ごとの業務経歴を管理する機能です。過去に携わったプロジェクトやそのプロジェクトでの立場などを登録しておくことにより、社内であらたな部署やプロジェクトが立ち上がった際にメンバー選抜を効率的に行うことができます。

2.5.人事評価機能

業績、能力、行動など複数の要素をもとにシステム的に人事評価する機能です。システム的に評価されるため、人の主観に依存しない公平な評価をすることができます。評価方法を企業ごとの要件に合せて様々な設定ができる製品やカスタマイズできる製品もあります。

2.6.スキル管理機能

スキルマスタ(スキルの一覧および内容)の登録および社員ごとのスキルを管理する機能です。単純な資格の登録だけでなく人事評価結果にもとづいた「交渉力」や「コミュニケーション力」といったソフトスキルも行うことができます。

2.7.診断機能

適性検査やメンタルヘルス検査、リスク検査など様々な検査をシステム上で受けることができる機能です。
診断結果は履歴管理することができます。また分析機能からどのような社員が多いかなど診断結果の集計を見ることもできます。毎回外部に委託して診断する必要がなくなるため、検査費用の削減にもなります。

2.8.アンケート機能

社員満足度アンケートや職場環境アンケートなど様々なアンケートを作成し社員に回答してもらうための機能です。いちいちアナログで社員に通知しなくてもシステムを通して社員にアンケート依頼することができます。アンケート配布先の指定や回答状況や結果の集計なども行うことができます。

2.9.分析・レポート機能

登録されている社員のスキルや経歴の抽出、人事評価結果や診断結果をもとに様々な集計や比較、分析を行う機能です。グラフや散布図、デモグラフィーチャートや9BOXといわれるタレントマネジメント独自の表などがあります。この機能を活用することで適切な人材配置や人事戦略を行うための判断材料にすることができます。

3.導入する前に知っておくべきポイント

3.1.いきなりタレントマネジメントシステムを導入すると失敗する

タレントマネジメントシステムはあくまでツールであり、導入したからといってタレントマネジメントを自社で実施できるとは限りません。タレントマネジメントは欧米で生まれたものであり、旧来からの日本の人事管理とは大きく異なります。そのため、なかなか自社だけでタレントマネジメントを実施することは難しいと言われています。

近年ではタレントマネジメントのコンサルティング企業も増えていますので、いきなりタレントマネジメントシステムを導入するのではなく、コンサルティングを受けながら段階導入すると良いでしょう。

3.2.システム費用が増える

タレントマネジメントシステムに限ったことではないですが、システム導入が必要となるためそれなりの費用が必要です。タレントマネジメントシステムの多くはクラウド型で社員数に応じて課金するタイプが多いです。月額数万円~使用できるサービスも多いですが年額にすると最低50万~の費用が掛かります。

また、給与計算や勤怠管理の仕組みを持っていない製品がほとんどのため、給与計算や勤怠管理は別システムで管理する必要があり、タレントマネジメントシステムを導入することは大抵システム費用の増加になります。

4.主なタレントマネジメントシステム6選

ここでは主なタレントマネジメントシステムを紹介します。選定する際の参考にして下さい。

4.1.カオナビ

カオナビ

2012年に誕生したばかりの比較的新しいクラウド型タレントマネジメントシステムです。
従業員100名~10,000名以上の会社まで多くの導入実績があります。サイバーエージェントやgumiなどIT系の企業や日清や学研など多くの業界で導入実績があります。従来のタレントマネジメントシステムに比べて「シンプルさ」を重要視しており初心者でも使いやすい作りになってます。

  • 製品タイプ:クラウド
  • 初期費用:無料
  • 月額費用:39,000円~

4.2.CYDAS

サイダス

Kaonabiと並び近年注目を集めているクラウド型タレントマネジメントシステムです。
セールスフォースと提携しており、デザインもセールスフォースに似てとてもおしゃれです。また、毎月機能追加を行っており日々新しい機能が追加されたり、操作性が改善されたりしており今後も非常に期待できるサービスです。ANAやマツダ、大丸松坂屋百貨店など導入実績も豊富です。

  • 製品タイプ:クラウド
  • 初期費用:無料~(※要件による)
  • 月額費用:40,000円~

4.3.SmartCompany

smartcompany

古くから人事系システムを開発・提供している株式会社サイエンティアが提供しているタレントマネジメントシステムです。SmartCompanyの特徴はなんと言っても「高機能」「カスタマイズ可能」という点です。機能面ではKaonabiやPerformance Cloudと一線を画します。機能重視の企業やカスタマイズした企業に向いているサービスです。導入実績も100人~最大100,000人規模の会社まで豊富です。

  • 製品タイプ:クラウド/オンプレミス
  • 初期費用:要見積り
  • 月額費用:要見積り

4.4.Rosic

ROSIC

2002年から人事系システムを提供するインフォテクノスコンサルティング株式会社が提供するタレントマネジメントシステムです。国産のタレントマネジメントシステムではSmartCompanyと並ぶ高機能タレントマネジメントシステムを展開しています。カスタマイズも可能です。導入実績も旭化成やキャノン、サントリーと大企業にも導入されており信頼できる製品です。

  • 製品タイプ:オンプレミス
  • 初期費用:要見積り
  • 月額費用:要見積り

4.5.Cultiva Global HM

cultiivaglobal

NECが提供するタレントマネジメントシステムでNECやバンダイナムコ、ニコンなどに導入実績があります。一般的なタレントマネジメントシステムの機能をもつ製品です。知名度的にはKaonabiやPerformanceCloud、SmartCompanyに負けておりマイナーなイメージです。

  • 製品タイプ:オンプレミス
  • 初期費用:要見積り
  • 月額費用:要見積り

4.6.SAP SuccessFactors

sap-successfactors

ERPで世界No.1のシェアをほこるSAPが提供するタレントマネジメントシステムです。世界基準のタレントマネジメントを行えるシステムです。要件に合せてカスタマイズも可能です。人事給与系のモジュールもあるため合せて使うことができます。大企業向けの製品です。

  • 製品タイプ:オンプレミス
  • 初期費用:要見積り
  • 月額費用:要見積り

5.まとめ

この記事では初心者でもタレントマネジメントシステムについて理解を深められるよう概要から導入のメリット、機能など詳しく解説してきました。タレントマネジメントシステムについて理解が深まったのではないでしょうか。

「タレントマネジメント」は旧来の日本型人事制度とは大きく異なり多くの企業が導入に苦戦しています。ですので、いきなりシステムを導入し自社で使ってみる前にコンサルティング企業のヒアリングや提案を受けながら検討すると良いでしょう。

タレントマネジメントシステムの導入を検討している方は、まずはコンサルティング企業に問合せてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る